料金が安い葬式の仕組みについて、まとめました

料金が安い葬式の仕組みとは?

葬式と言えば、通夜と告別式があるのが一般的ですが、葬式代を安くするために、近親者のみで行うこともあります。近親者のみで行うことで、祭壇も派手に飾る必要もなく、場合によっては僧侶も呼ばないで、費用を安く抑えることが可能です。

通夜も行いませんので会場費も安くつきます。葬儀も小さく行うことで、こちらも会場費の節約になります。

安い葬式の流れは、大まかには、逝去、安置、納棺、出棺、火葬…このような流れになります。通常なら、納棺と出棺の間に通夜と告別式がありますが、通夜は省いて、告別式は近親者のみで行う葬式になります。参列者もいませんので、香典もありませんが、香典返しをする必要もなく、そう言った葬式後の手間を省くことも出来ます。

安い葬式は、火葬式や一日葬、家族葬などに分類されます。近親者のみは家族葬と言われますが、家族葬でも参列者を30名ほどに絞って行うこともあります。

もし、最低限のお葬式とお考えの場合は、火葬式で僧侶を呼ばない葬式が最安料金となります