料金が安いお葬式のメリットについてまとめました

安い葬儀費用で行う葬式のメリットとは?

安い葬儀費用で行う葬式には何かよい点はあるのでしょうか?

メリット1. 葬式費用が安くなる

なんでも費用が抑えられるのはよいことです。しかし、費用とはいっても葬儀費用が抑えられて、安く済んだとしたら、どのようなメリットがあるのか、考えてみましょう。

当然葬儀費用が安くなるというメリットがあるでしょう。最も安い直葬という形式の火葬式で故人を見送るとすると、20万円を切る料金で葬式を行うことが可能です

通常、通夜と告別式を行うと、祭壇や御棺、ドライアイスなど、葬儀会社に支払う料金と、通夜や葬式の会場費や火葬料と食事代、僧侶にお渡しするお布施や心づけなど、葬式は平均200万円ほどの費用がかかると言われています。

しかし、直葬の火葬式となると、葬儀会社に払うお金が最低限の料金になり、会場費も火葬料などの最低限の料金、僧侶は呼ばないということも出来ます。そのように多くのものをカットすることで、安い料金で葬式を行うことが可能であり、安い葬式の大きなメリットであると言えるでしょう。

メリット2. 葬式・葬儀にまつわる遺族の負担が小さくなる

その他に、会葬者を呼ばないので、香典をもらうことがなくなります。香典をもらわなければ結果として、「香典返し」をする必要がありません。この香典返しはとてもたいへんな作業です。喪主や遺族を体験したことがある人がみんないうことが「香典にまつわる作業の大変さ」についてです。香典をたくさんもらえば、葬儀費用が賄えるではないかと考えるかもしれませんが、その分負担が大きく遺族にかかるのです。香典をもらわない。香典返しをしない。このような思い切りをすることで、遺族が苦しむ香典回りの負担をなくすことができます。これは安い葬式のメリットであると言えるかもしれません。

メリット3. 周囲に迷惑をかけない

また、義理で参列される方に、無理に参列をお願いしない、余計な心配をかけないということも、ある意味、安い葬式のメリットと言えるかもしれません。

「安い葬式」は温かい気持ちのこもったもの

葬儀費用を抑え、安く葬式を行うことで、経済的に負担が小さくなるばかりではなく、遺族の負担を軽減したり、故人の親族、知人や地域の人々の負担を軽減したりすることができます

安い葬式というと寂しい気持ちになると感じるかもしれませんが、実はもっと温かい気持ちがこもったものなのかもしれません。これからも生きていく人たちの重荷を軽くしてくれる、故人からのプレゼントだと考えるべきなのでしょう。