料金が安いお葬式のメリットについてまとめました

安い葬式のメリットとは?

安い葬式のメリットは、当然料金が安いということでしょう。最も安い直葬の火葬式で故人を見送るとすると、20万円を切る料金で葬式を行うことが可能です

通常、通夜と告別式を行うと、祭壇や御棺、ドライアイスなど、葬儀会社に支払う料金と、通夜や葬式の会場費や火葬料と食事代、僧侶にお渡しするお布施や心づけなど、葬式は平均200万円ほどの費用がかかると言われています。

しかし、直葬の火葬式となると、葬儀会社に払うお金が最低限の料金になり、会場費も火葬料などの最低限の料金、僧侶は呼ばないということも出来ます。そのように多くのものをカットすることで、安い料金で葬式を行うことが可能であり、安い葬式の大きなメリットであると言えるでしょう。

その他には、参列者を呼ばないので、香典をもらうことがなく、香典返しをするといった作業を省くことも出来、作業が減るという意味ではメリットであると言えるかもしれません。

また、義理で参列される方に、無理に参列をお願いしない、余計な心配をかけないということも、ある意味メリットと言えるかもしれません。