近親者のみで執り行う家族葬に就てまとめました

近親者のみの葬式で料金を安くする方法とは?

よく有名人が逝去された場合に、「葬儀は近親者のみで行う」ということを聞いたことがあるかと思います。有名人の場合は、様々な事情で近親者のみの葬式を行うことになるのですが、安く葬式を上げたい場合、この近親者のみで葬儀を行うことが一つの方法となります

「家族葬」という現代の標準的葬式スタイル

近親者のみの葬式は、家族葬と言われています。家族葬は、その名の通り、家族や親族だけで故人を見送り、参列や香典などはお断りし、場合によっては僧侶も呼ばない葬式になり、当サイトでおすすめしている火葬式の葬式も原則的にはこれにあたります。

近親者のみが会葬する葬式の場合、香典を頂戴したり、香典返しをしたり、という手間が省けるというメリットがあります。香典を頂戴することはありがたいことですが、参列者がそれなりに集まるとかなりの数になり、煩わしい思いをされている遺族の方も多いといいます。近親者のみの葬式・葬儀ではこれがなくなるというわけです。

また、近親者のみの葬式では、祭壇の飾りなどを最低限のものにでき、予算を削減することができます。近親者であれば、無駄な見栄を張る必要もなくなるので、リーズナブルなものに落ち着きます。実は、祭壇の飾りは葬儀費用の中でも大きなウェイトを占める大きな費目です。会葬者が広く集まる場合、体面を保つ必要もありますから、大金を払って多くの飾りを用意することもあります。それだけで結構な金額が必要になります。装飾をシンプルにするだけでも葬儀費用を大きく圧縮できるわけです。

その他にも、家族葬であればそんなに大きな会場が必要でなくなりますから。会場代も安くなるということもあります。

家族葬は合理的な選択

以上の理由で、近親者のみが会葬する葬式形態は、通常の葬式形態よりも、結果的に、葬式・葬儀費用が安くなるわけです。

家族葬は、核家族や子供がいなかったり、離れて暮らしている世帯が大半になっている今日の家族形態では、実は家族葬が葬式のスタンダードなスタイルになっています。家族のかたちが大きく変化している今、大家族時代の葬式スタイルをそのまま実行することなんてできないのが当たり前です。

お金をかけて、大家族時代の葬式を無理に行うなんて、ほとんど見栄を張っているようなものです。

身の丈に合った、合理的な葬式スタイルを選択することが大切なことではないでしょうか?