戒名料を払わないでやすくそうしきをあげる方法をまとめました

戒名料を払わないで安く葬式を上げる方法は?

葬式代を安く上げたい場合に、注意するべき点の一つに、戒名というのがあります。戒名とは、故人を見送る際に、故人に対してお坊さんに着けてもらう名前のことで、仏教の世界における、あの世の名前のことです

通常仏教では、戒名は、仏門に入った際に、戒律を守るしるしとして授けてもらうものになります。故人は仏門に入るわけでなくても、宗教にかかわらず、お坊さんに戒名を授かるのが習慣となっています。葬式にお坊さんを呼ぶということは、故人は仏教徒となり、仏門に入ることで救済されるという意味合いがあります。日本は無宗教なのですが、なぜかこの戒名が習慣化されています。

そこで、安く葬式代を上げたい場合ですが、この戒名を省いてもらうということも、お坊さんによっては可能です。そもそもお坊さんには、お布施をしますので、その分の料金が必要となります。それに加えて、戒名料というのが別に必要になるのですが、それをカットするというのです。

お坊さんによっては、戒名しないことを勧めないという方もいらっしゃるようですが、安く葬式を上げたい場合には一つの手段であると言えます。

注意点としては、事前に戒名は控えるという旨を僧侶に伝えておくことをおすすめします

また、当サイトでおすすめしている安い葬式には、戒名の必要なしプランというのも用意されており、より安い葬式を望む方は、そのようなプランを選択されるのが良いでしょう。