安いお葬式のデメリットについて、まとめました

安い葬式のデメリットとは?

安い葬式のデメリットと言えば、料金が安い分、心を込めて故人を見送るには十分ではない可能性がある、ということです。

葬式の際には、遺族は故人とのお別れで、悲しみに暮れることでしょう。しかし、式には段取りというものがあり、実際問題、泣いてばかりいられないということもあります。通常の葬式なら、そこそこの人数の葬儀会社スタッフを雇いますので、次の段取りはスタッフが用意してくれたりしますが、安い葬式なら、遺族が最低限やらなければいけないということになります

故人とのお別れの時間は貴重なものであり、葬式の時間くらい故人への感謝の思いを募らせたい…とお考えになる方も多いでしょうが、安い葬式の場合はなかなかそうはできない。これがデメリットの一つです。

また、会葬者を呼ぶことが出来ないというのも、デメリットであるかもしれません。そもそも故人の遺志で、近親者のみの葬式を行うのであればデメリットではありませんが、本当は呼びたいのに予算がないので呼べない、という状況なら、安い葬式のデメリットであると言えるでしょう。

また、安い葬式の場合は、宗教を選べない場合があります。安い葬式の場合は、仏教の葬式のみの場合があります。欧米の宗教や、新興宗教は不可の場合がありますので、これもデメリットの一つであるかもしれません。